31
2014

新潟GCP12月21日2014年【その3】

CATEGORYコスプレ
33インチアンブレラのメリットは、ヘリウムガスが詰まった風船のように軽くて、部屋の自由な場所に漂わせることが出来ることです。

XL1004827.jpg
そなた さん/小泉花陽(ラブライブ!)
LEICA M-E/SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.


どんなスタンドとブームを使っているかも重要です。私は可搬性に優れるManfrottoの1005BACを2本持っていきました。これに、AVENGERのグリップヘッドD200を介してManfrottoのミニブーム173Bを取り付けています。ワイヤレスシンクロは、Pocket WizardのPlus Xを使用しました。
Plus Xは複数のメーカーのホットシューで使うことが出来る上に、フォーカルプレーンシャッターなら1/250秒までのシンクロに対応しています。もちろんM-Eでも問題なく使用することが出来ます。


基本的に私は、発光面を被写体に近づけて撮影します。ハイライトが抑えられ、影の付き方も柔らかくなり、そしてスピードライトに負荷がかからないからです。良いことずくめです。リサイクルタイムで待たされるのは、遅刻しそうなときに電車を待つのと同じ気分になります。イライラし、不安に駆られ、この世の全てが自分の敵になったような孤独感に苛まれます。そうならないためにも、ライティング機材はなるべく被写体の近くに設置しましょう。
反射アンブレラはブームを使うことで容易に被写体に近づけることが可能になります。



XL1004882.jpg
おぐ方jv さん/来栖翔(うたの☆プリンスさまっ♪)
LEICA M-E/SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.


33インチアンブレラ1灯では画面全体を包み込むことは出来ません。強い影を付けることはできますが、全体的に光が回っているような写真を撮るためには役不足です。そのため、多くの場合は環境光を取り込み、メインの被写体の陰影や露出、色を改善させるためにフラッシュを使います。

撮影した部屋の天井には、いくつものライトパネルが設置されていました。よく拡散されていて、そのままでも悪くない陰影がつきます。それでも絞りをf/2.8にして感度はISO640まで上げなければならないくらいの明るさでした。ブレが発生する可能性を排除するためにもフラッシュを使って露光します。LEDライトではなく、わざわざ難解なフラッシュを好きこのんで使うのはブレを抑える狙いがあるからです。


SB-910にはタングステンフィルターを付けて、部屋の照明の色温度に近づけました。光を混ぜて露光するとき、補助光は環境光に似せた方がカラーの調整が容易になります。付属のフィルターは色温度をかなり下げるので、より細やかに調節したい場合は別売りのフィルターとホルダーを手に入れる必要があります。
何事も、こだわり始めると際限がありません。



半ば機材の運用実験のようになってしまいましたが、ご一緒させていただいたコスプレイヤーの皆さまに感謝いたします。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment