30
2014

C-NET@プラザ平成3月16日2014年【その3】

CATEGORYコスプレ
時間が空きましたが、DIABOLIK LOVERSの撮影についてのレポートを書きます。
最後は、室内での定常光を使った撮影です。今まではスピードライトを使っていたのでISO100〜200を使えましたが、室内の照明で露光する撮影なので、感度を上げて絞りも開き気味になっています。

X0316_05.jpg

しゅー さん/逆巻カナト(DIABOLIK LOVERS)
Nikon D800/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM

プラザ平成の人気撮影スポットの一つと言える、3階の”光る床”です。下からのライティングを得られるので、印象的なキャッチライトが目に入り、影の弱い写真になります。
(本当は自前の機材でこのライティングができればよかったのですが…次回以降の課題になりそうです)


X0316_06.jpg

ぐりん さん/逆巻スバル(DIABOLIK LOVERS)、シープ さん/逆巻シュウ(DIABOLIK LOVERS)
Nikon D800/SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM


こちらは上体を起こしているので、スピードライトによる天井バウンスで光を補いました。
1枚目よりも床からの距離が離れているので、よりシャッターを遅くして感度を高くする必要がありました。光量は距離の二乗に反比例して減少していくからです。


◎撮影を振り返って...。


日中の屋外を暗くすることや、印象的な影をつけるためのライティングをメインにして撮影していますが、影のない明るい写真もレパートリーに加えたいと強く思いました。


今回の一連の撮影では、ワイヤレススレーブさせるためにYONGNUOのRF-603IIを使用しました。少なく見積もっても100回に1回は不発があった(シンクロしないのではなくて、発光すらしない)のと、Exif情報でフラッシュが発光していないことになっている点が不満です。


公式サイトが中国語なので、Amazon.comで同商品をご覧になりたい方はこちら


大きさや重さ、価格、操作性(スイッチや電池など)は優れていると思いますが、発光しないのは格好悪く、乗っている気分を大いに盛り下げてくれるので勘弁してほしいです。


ワイヤレスシンクロについても、もう少し考えていきたいところです。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment