20
2014

C-NET@プラザ平成3月16日2014年【その1】

CATEGORYコスプレ
3月16日にお台場のプラザ平成(東京国際交流館)であったイベントに参加してきました。
事前に某SNSで撮影者を募集している方とコンタクトをとり、同伴カメラマンとして撮影させていただきました。作品はDIABOLIK LOVERSです。

毎回思いますが、受付でコスプレ参加だと勘違いされるほどの機材をキャリーケースで引っ張っていく私に写真を撮らせてくれる方々には頭が上がりません。

X0316_03.jpg
ぐりん さん/逆巻スバル(DIABOLIK LOVERS)、シープ さん/逆巻シュウ(DIABOLIK LOVERS)、しゅー さん/逆巻カナト(DIABOLIK LOVERS)
Nikon D800/VR Micro Nikkor 105mm F2.8G



木漏れ日は魅力的ですが、そのままでは単なるホットスポットになります。木陰の露出不足を補うためにEzyboxを使いました。


おそらく多くの撮影者が、この日のお台場の天気を恨んだと思います。
晴天時のポートレート撮影は難しいからです。背景が飛ぶ! 目と顎の下に強い影が出る! 背面液晶が見えない! (日焼けする!)私もこのシーンでの撮影には四苦八苦しました。

アシストパックを付けたSB-910で何とか乗り越えられたと思いますが、もう少し光を補えたらよかったかもしれません。レフ板の使用も効果的だったかもしれないと、今更ながら思います。

(アシストパックは、NissinのPS8を使用しました)


X0316_02.jpg
しゅー さん/逆巻カナト(DIABOLIK LOVERS)
Nikon D800/Nikkor 16-35mm F4G ED VR


蛍光灯フィルターを使って太陽光を紫色にシフトさせます。通常の撮影では滅多に使わないこの緑色のフィルターは、非現実的なカラーの写真にするためには欠かせません。ホラー、サスペンス、SF…そういった作品をロケーション撮影するときに役立ちます。

今回のキャラクターは吸血鬼。普通の白色光よりも、もっと危険な光が似合います。

外の人通りが絶えるのを見計らって撮影しました。
まるで時間が停止したかのような静的なワンシーンにできたと思います。


まだ続きます。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment