24
2013

コスプレコンプレックス@東京レジャーランド10月19日2013年【その1】

CATEGORYコスプレ
10月19日にお台場の東京レジャーランドであったイベントに参加してきました。
今回は単独参加ではなく、同伴カメラマンとして参加しました(作品は妖狐×僕SSです。メニアック!)。

撮影することが確約されているので、ライトスタンドやアンブレラといった道具も持ち出すことができ、ロケーション撮影での機材運用について様々な試験を行うことができました。これは、個人で撮影している者にとってはかなり貴重な経験です。当日ご一緒した皆さまに、感謝と敬愛の意を表したいです。もちろん、作品のいちファンとして同じ時間を共有できたことが有意義だったことは言うまでもありません。

1019009
Farbe さん/雪小路野ばら(妖狐×僕SS)
Nikon D800/SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM



さて、このブログではどこまでもライティングの話をします。


天気は高曇りでした。

拡散された光は被写体にも背景にも同じように当たり、順光ではコントラストが低くメリハリが出ません。同じ露光量、同じ陰影、同じ彩度。ホワイトボードに白いペンで字を書いたときのような現象が起きます。つまり、見えない!

こういうとき(好ましくない条件のとき)ほど、基本に忠実になったほうがいいでしょう。あれこれと光を足したり引いたりするのではなく、シンプルに、太陽のある方向を向いて逆光で撮影します。え、逆光だって!?


1019020
ウリハリ さん/夏目残夏(妖狐×僕SS)
Nikon D800/SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM


逆光…。カメラが苦手な条件だと言われますが、臆することはありません。屋外のポートレートはよく逆光で撮影されています。逆光なら光線の状態に関係なく弱い影がつき(”陰の中に影はできない”ということです)、被写体の輪郭部にリムライトができるからです。

逆光になれば、背景に対して被写体は暗くなります(被写体に露出を合わせるので、写真では”被写体に対して背景が明るく”なります)。加えて、被写体の輪郭部をハイライトが縁取るようになるので、被写体が背景から浮かび上がるように写ります。
私たちはこれをハイコントラストな状態だと感じます。


逆光はいいことばかりではありません。活き活きとしたポートレートに最も必要なもの、つまり、キャッチライトがこのままでは入らないのです。

被写体の視界にある明るいものが眼に反射したものがキャッチライトで、逆光は明るいものに背を向けている状態です。なんてこった! このままではいけません。何か明るいものを被写体の前に持ってくる必要があります。空、白い砂浜、白いコンクリート、ベッドシーツ(白)…何かありませんか? あ、レフ板がありました。


101913
うめぴー さん/渡狸卍里(妖狐×僕SS)
Nikon D800/SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM


私はLastoliteのトライグリップディフレクター(75cm)を使っています。曇り空では影を起こすほどの反射光を生みませんが、瞳に印象的なキャッチライトを入れるくらいの仕事はしてくれました。ディフレクターは被写体の腰の高さほどの位置に設置しました。近いほどはっきりとしたキャッチライトを入れることができます。ポートレートのアイキャッチをよく分析してみると、撮影の参考になるかもしれません。


結果として背景はほとんどオーバーになりましたが、被写体には柔らかい陰影が付き、写真のコントラストは高くすることができました。ピクチャーコントロールやレンズ性能で言うところの”コントラスト”のことではありません。ホワイトボードに黒いペンで字を書いたときのような、被写体と背景に”違い”を持たせることで生まれる差のことです。


まだ続きます。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment