29
2013

雲があるときに夕空を撮る

CATEGORYスナップ
雲は空に表情をつけます。

evening sky has cloud
EPSON R-D1x/Voigtlander COLOR SKOPAR 35mm F2.5 PII



”空の表情”…。詩的で解りづらい表現です。

空は単調です。日の出や夕暮れのマジックアワーとて例外ではありません。空の色はいつでも綺麗ですが、たまに背景用紙を撮っているような気分になります。


雲を探しましょう。曇りの日に撮りましょうか。いいえ、低い位置にある太陽の光を受けて色が付いている雲です。この雲が、ただ色が広がっている空間にディティールをもたらし、少しでも長く見てもらえる写真に変えてくれます。


マジックアワーの空は色温度が高く(青く)なっていますが、太陽光は色温度が低く(赤っぽく)なっています。そのため太陽光が当たる雲の色温度が低くなり、写真に色のメリハリが付くようになります。

(私の感覚的に、被写体の色温度が低く背景の色温度が高いと非常にドラマチックに写る傾向があります)


空を撮る人は多いかと思いますが、快晴の空よりも雲があるときに熱心にシャッターを切ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment