12
2017

川崎撮影スタジオ6月22日2017年【Part2】

CATEGORYコスプレ
キャラクター:カーチャ(キャラソン衣装ver.)≪聖痕のクェイサー≫
レイヤー:美月紅星 さん
ライティング:自然光

170622_0982_pp_1080.jpg Nikon D800 / Nikkor 28mm F1.8G

前回に引き続き、川崎撮影スタジオでの写真になります。

まずは、窓の光を使って撮影してみました。
自然光は、そのときの気象条件や時間帯によって影響を受けるので、それを”あて”にすることはできませんが、むげにすることもないと思います。特に窓の光は、大きなソフトボックスと同じようなライティング効果を持っているうえに、シンクロしないとかチャージが追いつかないといったデメリットもありません。

170622_0951_pp_1080.jpg 
Leica M-E / Leica SUMMICRON-M 50mm F2(4th)

光の減衰の特性上、窓に近づくほどシャドーが落ちやすくなります。
室内に向けてフラッシュを光らせるのも場合によっては効果的ですが、今回はレフ板だけを使用しました。

個人的には、効果量が少なくても、自然な感じにシャドーを起こせる白レフが好きです。せっかく自然光を使って撮るのに、レフ板の効果が目立ってしまっては台無しだと思うのです。



ャラクター:カーチャ(キャラソン衣装ver.)≪聖痕のクェイサー≫
レイヤー:美月紅星 さん
ライティング:ROGUE FlashBender2 XL PRO

170622_0796_pp_1080.jpg 
Nikon D800 / Nikkor 50mm F1.8G

異能バトルもののキャラクターだと、ライトを好き勝手...もとい、ライトを色々と変化させた撮り方が出来て楽しいです。"色々"とは、向きや硬さだけでなく、色も含みます。

シャドー部分をブルーにすると、画の全体にメリハリがついて、見栄えするようになると思います。


170622_0903_pp_1080.jpg 
Nikon D800 / Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II

筒状に丸めたフラッシュベンダーをポートレートのメインライトとして使うのは、かなり攻めてる感じがします。
しかし、フラッシュを剥き身で使うよりも肌のトーンが出て、ハイライトのギラつきもないので気に入っています。異能バトル、SF、ファンタジーなどで、ハイコントラストでダークなイメージにまとめたい場合、ライトのスポット性が高い方が便利です。

XL PROにはグリッドのファブリックもついていますが、期待していたほど指向性が高まるわけではなかったので、本当に硬いライティングをしたいときは、スヌート的な使い方をしています。

170622_0812_pp_1080.jpg 
Nikon D800 / Nikkor 50mm F1.8G

全てのライトを同じ色にすると、WBをシフトさせてもハイライトとシャドーの色は相対的に変わらず、同系統の色のままです。シャドーが青くなると、カラフルで見栄えがしますが、わざとらしい感じも出てくるので、同系統でまとめた方が良い場合もあります。
または、地明かりを拾う場合、補正フィルターでフラッシュの色を環境に合わせたものに変えることで、色を整えやすくする戦略も有り得ます。



To be continued...



スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment