30
2017

Booty東京3月6日2017年【Part1】

CATEGORYコスプレ
キャラクター:月永レオ、瀬名泉、鳴上嵐、朔間凛月、朱桜司(制服ver.)≪あんさんぶるスターズ!≫
ライティング:ROGUE FlashBender2 XL PRO

L1032870_pp_1_201704301941222b2.jpg  Leica M-E / Leica SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

3月6日にBooty東京で、あんスタの併せ撮影をしてきました。
アイドルもののユニットは、メンバー全員が揃うと画面が華やかですね! 撮影も楽しかったです。
皆さん、ありがとうございました!


今回は、最大で5人を同時に撮影することになるので、ライティングはなるべくシンプルにしようと思って臨みました。

まず、冒頭の1枚目は、最もシンプルに、フラッシュベンダーのリフレクターをつけたRF60Xを1灯だけ使用して撮影しました。
なるべく硬いライティングにしたかったので、天井バウンスしないように、リフレクターの上側を折り曲げて使っています。

硬い光は、立体感よりも色やディティールを写し出すのに役立つので、ファッション誌風の写真を撮るのに適しています。

L1032827_pp_1_20170430194122e9f.jpg  Leica M-E / Leica SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

床に寝転んだ状態を上から撮影するのは、前からやってみたかったアングルの一つでした。
2灯のRF60Xを天井バウンスさせることにしましたが、フラッシュヘッドからの硬い光で雰囲気を台無しにしたくなかったので、それぞれのフラッシュにはリフレクターをつけています。


DSC_4664_pp_1_20170430194120d6e.jpg  Nikon D800 / Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II

こちらも、天井バウンスする際にリフレクターを使っています。
この場合、フラッシュの光がフレアを発生させていたので、リフレクターにはカメラ側に漏れる光をカットする役割もありました。

人数の多い撮影のライティングで最も重要なのは、全員が同じくらいの明るさになっていることだと思います。
白ホリゾントでのバウンスは、最も容易に均一な光を作ってくれるので、とても重宝します。
1カットめのように、メインライトが1灯だけの場合は、そのライトを最も離れた被写体に向けることで、ライトに近い人と遠い人の露出差を埋めることが出来ます。

To be continued...
 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment