14
2017

距離系男子な日々Vol.8.5 雪風の先に

道筋すら完全に覆い尽くしてしまう雪ですから、旅程を白紙に戻すことなど造作もありません。
Vol.8の、その帰り道です。

L1030643-Edit_1080w.jpg Leica M-E / Leica SUMMICRON 50mm F2(4th)

よく、数センチの積雪のせいで首都圏の交通が麻痺したというニュースを聞いて、雪国の人々は鼻で笑っていますが、雪国だからと言って、雪で交通機関が麻痺しないわけではありません。
とりわけ、センター試験の日は天候が荒れることが多く、試験会場に辿り着くこと自体が、ある種のテストになっている有様です。

L1030571-Edit_1080_20170314232212342.jpg Leica M-E / Leica SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

私はと言うと、すでに発車時刻を1時間過ぎた列車内で、途方に暮れた感じの外国人旅行客と一緒に、しんしんと降る雪を車窓越しに眺めていたのでした。

L1030583-Edit_1080_20170314232209c06.jpg 
Leica M-E / Leica SUMMICRON 50mm F2(4th)

けっきょく、列車は動かずじまいで、乗り換えをする終点の駅までは代行輸送のバスで移動することになりました。

とはいえ、着いた先の路線が動いているわけではありません。

L1030657-Edit_1080w.jpg Leica M-E / Leica SUMMICRON 50mm F2(4th)

次の駅に進むごとに代替の移動手段がなくなっていき、もがくほどに締め付けられていく罠にかかった気分です。
次の日が仕事なのに、本当に帰ることができるのだろうかという不安感に苛まれ、段々と胃がキリキリと痛み始めます。

リフレッシュするために実家に帰ったというのに、何という仕打ちでしょう。冬の新潟は、氷と風の属性魔法攻撃だけでなく、精神攻撃も得意だと言うのでしょうか。

L1030634-Edit_1080.jpg Leica M-E / Leica SUMMICRON 50mm F2(4th)

予定より3時間以上遅れましたが、目的地へと向かう電車に乗ることができました。温かいコーヒーでも飲んで、早くHPを回復させたいところです。


L1030709_1080.jpg Leica M-E / Leica SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH.

もし、人生の意味が、何かに時間を費やしたことで決まるなら、私の人生は雪と風に違いありません。

”人生、雪風の如し”

どこか風雅な感じがしますが、残念ながら、朝と夜に1時間半ずつスノーダンプを押すこととか、3時間近くを駅の待合室で過ごすことしか意味していません。

なるほど。字面と内容の不一致からくる残念さが、私をよく言い表している気がします。
やはり、人生とはそのようなものでした。それくらいが丁度良い気もします。

 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment