15
2017

Booty東京2月20日2017年【Part2】

CATEGORYコスプレ

キャラクター:瀬名泉、鳴上嵐≪あんさんぶるスターズ!≫
ライティング:ROGUE FlashBender2 XL PRO

L1031655_pp_1080.jpg Leica M-E / Leica SUMMICRON 50mm F2(4th)

引き続き、2月20日のBooty東京での撮影になります。
今回も、フラッシュベンダー2 XL PROを使った撮影を紹介します。

DSC_3875_pp_1080.jpg 
Nikon D800 / Nikkor 70-200mm F2.8G ED VR II

同じ場所で異なるイメージの写真が撮れるのが、ライティングの醍醐味ではないでしょうか。
どちらもフラッシュベンダーのリフレクターをつけたフラッシュを2灯使用していますが、光の性質や方向性に変化をつけることができました。

最初のハイキーな写真では、フラッシュは被写体より後方側に設置し、天井バウンスさせています。そのため、全体的に光が回っていますが、光の方向としては逆光になります。

このときのリフレクターの役割は、フラッシュヘッドからの光をカットし、レンズフレアや、被写体に不用意なホットスポットや硬い影ができるのを防ぐことです。
副次的に、リフレクターに反射した光がバウンスすることで、よりソフトな光が得られます。


2枚目の写真では、フラッシュベンダーを筒状にして、スヌートのようにして使いました。
燭台のろうそくには火が点いていないのですが、炎で照らされたような雰囲気が欲しかったのです。ストリップグリッドでは光が拡散し過ぎてしまったので、より狭い範囲だけを露光できる形状に変形させました。2つのスヌートを、それぞれ順光で当てています。

ライトが当たる範囲をコントロールしやすいので、暗めのライティングをする際には、ストリップグリッドを差し置いて、スヌートとして使うのも良いかもしれません。


To be continued...

 
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment